MENU

美容効果が高い蜂の子とは?

メニエル病に罹ったら蜂の子を摂取してみよう

蜂の子は、栄養価の高い幼虫で、信州など山間部のある地域では昔から食べられています。蜂の子は、アルギニンやアミノ酸、ビタミンなど栄養を豊富に含んでいて、身体のだるさを取って体力を増強してくれたり、免疫力を高めてくれたりする働きがあります。高級珍味と言われていて、頻繁に食べるものではありませんが、炒め物や揚げ物で美味しく食することができます。

そんな蜂の子は、現在でも研究が進められていて、最近新たに、耳鳴りや難聴にも効くことが分かってきています。耳鳴りを伴う難病患者を対象に、長期間にわたって蜂の子を摂取する実験を行ったところ、耳が聞こえにくいことによる不安や聞こえにくさそのものが改善された、という結果が出ています。

これは、メニエル病にも同様のことが言えます。メニエル病とは、内耳疾患で、難聴や耳鳴り、めまいなどが起こります。治療法としては、手術をしたり薬を服用したりといった方法があります。原因は、ストレスや睡眠不足、疲労の蓄積などです。ストレスはすぐに解消できるものではないため、服薬しても完治までには時間がかかります。

そこで、医療に頼らない治療として蜂の子が役に立ちます。メニエル病も一般的な聴力障害の改善と同じメカニズムを持っています。特に高音域に関して大きな改善が見られるため、メニエル病を患ったときには、有効と考えられます。メニエル病は初期治療が大切です。検査を受けて診断された際には、治療と並行して蜂の子を食べてみると良いでしょう。