MENU

美容効果が高い蜂の子とは?

蜂の子はいつから食されていたのか

まず、歴史を説明する前に蜂の子とはどういうものかというと、その名の通り、蜂の子供のことです。具体的な物としてはミツバチ以外にもクロスズメバチ等の危険視されている蜂の幼虫や蛹、稀に成虫を入れることもあります。使う蜂の性別としては主に生産性の高いメスでは無く、オスの蜂が使われます。蛋白質の多さから古くから蛋白源として使われていて、かつビタミン、ミネラル等の様々な必須栄養素が他の食品と比べて多く含まれている健康食品です。効果、効能としては、栄養補給は勿論のこと、難聴や耳鳴り等に効果があります。

次に、歴史についてですが、蜂の子はルーマニアやメキシコ等の国で昔から食べられており、最も古い物で150万年前に東アフリカで食べられていました。日本でも食していることが明らかになった1919年より前から岡山県等を中心に食べられており、1941年後頃に起きた太平洋戦争(正式な日本名は大東亜戦争)において北海道から九州にかけて戦時中の栄養源であり、一般食として食されてきました。

更に前述の通りの栄養価の高さから薬として扱われています。その証拠として2000年前に書かれた中国最古の薬物学書である「神農本草経」では、薬効の高さから最上級のランクである「上品」として格付けされています。更に現在でも様々な国の化学者や薬剤師が研究を重ね、臨床実験を行うことで薬としての効果の高さを証明しています。

最後になりますが、近年のバラエティ番組等では罰ゲームとして食べることが多いですが、今回の紹介で分かる通り、日本を含め、各国で古くから一般食であり、栄養食として食べられてきました。ですから、健康維持の為に栄養不足を補いたいと思う方は特に短所も無いので一度試してみることをお勧めします。