MENU

美容効果が高い蜂の子とは?

蜂の子にはどんな栄養素が含まれているの?

蜂の子とはその名のとおり蜂の子供の事です。日本では山間部を中心に生産されており、貴重なタンパク源として古くから常食されていました。見た目は少し気持ち悪いけれど、一度食べたら虜になってしまうほどおいしいとされています。

高級珍味や漢方薬にもなる蜂の子には一体どんな栄養素が含まれていて、どう体にいいのか詳しく解説いたします。蜂が作る健康食品といえば、ローヤルゼリーを思い浮かべる人が多いでしょう。確かに、ローヤルゼリーは「天然の万能薬」と言われるほど様々な効能を持ち、栄養も豊富です。

しかし、蜂の子はローヤルゼリー以上に優れています。蜂の子には良質なアミノ酸がローヤルゼリーの約3倍も含まれています。さらに、人間の体内では合成できない9種の必須アミノ酸を全て含んでいるのも特長です。アミノ酸はタンパク質の基になる栄養素で、免疫力向上・疲労回復・アルコールの代謝促進といった効果をもたらします。必須アミノ酸のひとつのトリプトファンは精神を安定させるセロトニンの原料となり、不眠を解消してくれます。

ビタミン・ミネラルも豊富で、主な効能は滋養強壮・アンチエイジング・難聴や耳鳴りの改善等です。最近は蜂の子の成分を配合した化粧品やヘアケア用品もあります。蜂の子そのものを食べる事に抵抗がある方はサプリメントを利用したり、体の外側からケアする形で取り入れてみるのもオススメです。